ハイブリッドカーTOPスズキ ハイブリッドカーツインハイブリッド>2003年1月22日デビューモデル

 

スズキ ツインハイブリッド カタログ 2003年1月22日デビューモデル

 

2003年1月22日デビューモデル概要♯ニュースリリースより

 

「ツイン」は、市販軽四輪車初のハイブリッドシステム搭載車と、660ccのガソリンエンジン搭載車を設定した2シーター(運転席・助手席の2座席)軽乗用車である。国産軽四輪車としては最小サイズの車体を採用しながら2シーターとしたことで、室内は広く実用的に使え、また、ハイブリッド車(ハイブリッドA)で10・15モード燃費34km/リットルの超低燃費と、ガソリン車(ガソリンA)で低価格49万円の高い経済性も実現させた。コンパクトサイズで省資源が特長の軽自動車のなかでも、一段と社会と環境に優しい新型車である。

 

ハイブリッドシステムを市販軽自動車で初めて採用し、10・15モード燃費34km/㍑の超低燃費を実現させた(ハイブリッドA)。このシステムは加速時など、エンジンにかかる大きな負担をモーターアシストにより軽減することでエンジンが効率よく働き燃費が良い。


ハイブリッドシステムは、エンジンとトランスミッションの間に薄型モーターを配置した軽自動車に相応しいコンパクトなシステムを自社開発した。 エンジンを自動停止するアイドリングストップシステムも採用。信号待ちや渋滞などの停止時にエンジンを自動で停止させる。CO2の排出量を最小限に抑えるとともに低燃費に貢献している。



ツイン ハイブリッド
ツインハイブリッド2003年1月22日デビューモデル
グレード
駆動方式
乗車定員
排気量(cc)
ミッション
ドア枚数
燃費
(km/L)
価格(万円)
660 ハイブリッドB
FF
2人
658
4AT
3
32.0
139.0

 

もっと詳しくカタログを見る

 

PAGE TOP

copyright ハイブリッドカーを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com